TOP > 女性経営者紹介

女性経営者

行田商工会議所「女性経営者勉強会」メンバー紹介のページです。

有限会社向町紙工
小ロットの箱製作ならお任せください

有限会社向町紙工

紙箱・台紙
 
担当者
工藤 暁美
担当者
工藤 暁美
住所 361-0075埼玉県行田市向町8-5
TEL 048-556-3509
FAX 048-555-1517
ホームページ https://mm-shikou.com/
メール info@mm-shikou.com
営業時間 8:00~17:00
定休日 土、日、祝日
 


事業PR

向町紙工は1956年創業の小さな町工場です。
地元中心に電気機器メーカー向けの段ボールケースやねじ箱、足袋箱の製造をメインで行ってきました。
2013年からホームページを開設し、現在は日本全国から箱のご相談や注文をいただいております。

弊社の一番の強みは、小ロットでも安く箱が作れることです。
紙器用CAD/CAMとインクジェットプリンタを導入しているので、印刷入りの化粧箱も1個から作成可能です。

一番の人気商品は、蓋と身の被せタイプの箱(C式箱)です。
この箱は、初期費用がかからず小ロットでも安くオーダーメイドできるので
小規模事業者の方はもちろん、季節限定商品やギフト箱としても幅広く利用されています。

2017年10月より、シルクスクリーン印刷を新たに導入しました。
オリジナルプリントもお手頃価格で入れることが出来ます。

工藤 暁美
工藤 暁美
工藤 暁美
工藤 暁美
 
 
向町紙工は1956年創業の小さな町工場です。
地元中心に電気機器メーカー向けの段ボールケースやねじ箱、足袋箱の製造をメインで行ってきました。
2013年からホームページを開設し、現在は日本全国から箱のご相談や注文をいただいております。

弊社の一番の強みは、小ロットでも安く箱が作れることです。
紙器用CAD/CAMとインクジェットプリンタを導入しているので、印刷入りの化粧箱も1個から作成可能です。

一番の人気商品は、蓋と身の被せタイプの箱(C式箱)です。
この箱は、初期費用がかからず小ロットでも安くオーダーメイドできるので
小規模事業者の方はもちろん、季節限定商品やギフト箱としても幅広く利用されています。

2017年10月より、シルクスクリーン印刷を新たに導入しました。
オリジナルプリントもお手頃価格で入れることが出来ます。

商品サービス

記事

紙のオーダーカット

記事

箱のオーダーメイド

記事

ディスプレイ棚・什器

 
 


住所 361-0075埼玉県行田市向町8-5
TEL 048-556-3509
FAX 048-555-1517
ホームページ https://mm-shikou.com/
メール info@mm-shikou.com
営業時間 8:00~17:00
定休日 土、日、祝日
代表者名 森 啓子
 

新着情報

記事
2020.03.17

紙箱のセミオーダーメイドサービス

記事
2020.03.17

オンデマンド印刷パッケージ

 
動画

向町紙工の紹介

C式箱を作る様子

 

起業・事業ストーリー
工藤 暁美

「ホームページ」で全国から注文殺到!


大学生活はずっと憧れだった海外へ単身留学へ。
23歳で帰国し、東京の金融会社に就職。
金融商品の営業を1年経験した後、ホームページ制作部門へ配属、
マーケティングやサイト運営に携わる。
その後、中国事業部へ配属、中国語と英語を生かし海外ビジネスをサポートした。
出産を機に退職、実家である向町紙工に就職する。

2013年夏頃、向町紙工のホームページを初めて開設する。
自分で写真を撮り編集し、独自のやり方で作り込みをしたホームページは
初心者に分かりやすいと好評で、開設から3年で1日に5件の新規問い合わせ
が来る人気サイトへと成長する。

自分自身が箱に関して初心者だったため、お客様にはなるべく専門用語を使わず
わかりやすく説明ができるよう心がけています。
起業・事業体験談 >